男性女性問わず誰でも簡単に一定期間で確実に痩せることができる最強の薬があります。その名もオーリスタット!知ってる人も知らない人もこのサイトでいかにオーリスタットが素晴らしいのかについて学びましょう!オーリスタット最高!

肥満の女性と色々な薬
News
    カプセル

    オルリスタットは肥満治療薬に使われる成分の一種で、ゼニカルやアライなどの商品が海外で販売されています。
    日本では未承認の薬ですが、医師からの処方箋にて入手が可能です。
    中枢神経系に作用しない肥満治療薬でその他の治療薬に比べてリスクが少ないのが特徴です。
    アメリカ合衆国において、オルリスタット成分を配合したゼニカルと偽薬(プラセボ効果の測定)を使用して、低カロリー食と共に1年間投与した治験を行いました。

    オルリスタット販売までの治験の過程

    食事制限は一切せず、対象はBMI(ボディマス指数)30以上と肥満度の高いメンバーで行っています。
    ただし低カロリー食の内容や治験期間中の運動量は公表されていません。
    ゼニカル服用の結果は60%の成人が5%の体重減少、27%の成人が10%の体重減少と観察されています。
    一方のプラセボ効果をはかる偽薬では31%の成人が5%の体重減少、11%の成人が10%の体重減少となりました。
    そしてアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けて、肥満治療薬として販売されました。

    オルリスタットの作用機序

    このオルリスタットのダイエット作用のメカニズムは極めて合理的で腸が体内で吸収する脂肪をカットして排泄物として体外に出すというものです。
    脂肪はタンパク質や炭水化物よりも高カロリーでかなりのダイエット効果が期待できます。
    人が細かくかみ砕いて飲み込んだ食物は胃を経由して腸へ進み、腸は脂肪を吸収して体内に取り込みます。
    しかし腸は脂肪を直接吸収することができません。
    そのためリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素を使って脂肪酸やモノグリセリドに細分化し、細かくなった脂肪酸などを腸が吸収するという仕組みです。
    この時、リパーゼの脂肪分解機能が止まった場合、脂肪は分解されず、腸は吸収することができないまま体外に排泄されることになります。

    ゼニカルを使い始めよう

    オルリスタットを含んでいる医薬品にゼニカルがあります。
    ゼニカルの使用のキッカケの基本は痩せたいという希望があるからです。
    肥満治療薬ですのでダイエットの為にも適した存在でしょう。
    敢えて薬を利用する理由としては例えばダイエットの失敗が挙げられます。
    ダイエットは簡単に成功できるケースもあれば、なかなか成功できないケースも多く、体質によっては太りやすくリバウンドもしますので、体型を維持し続けることが難しかったりもするのです。
    そのような時でもゼニカルを活用することによって、薬の力でサポートをしながら痩せることができますので、ダイエットに成功する為にも役立ってくれることでしょう。
    楽にダイエットをしたいという目的で活用されることもあります。
    そもそもダイエットの為に努力をするのは苦手という方も一定割合存在します。
    ただ努力をせずに楽に痩せる方法というのはあまり多くありません。
    しかしゼニカルを利用すれば特に運動や食事制限などをせずとも痩せられる可能性が高いのです。
    ですから簡単に痩せたい時にも検討してみる価値がある薬であり、痩せられた実例も多い薬ですので着目してみる意義があります。

    ゼニカルは医薬品

    ゼニカルはあくまでも医薬品ですから安易に使用してしまうのも良くないことを理解しておいた方が良いでしょう。
    れっきとした薬ですので副作用もありますし、それゆえに日本では未認可の薬です。
    まるでサプリメントのように利用されることもありますが、薬であることをきちんと踏まえて利用しなければいけません。
    利用している人が多いからといって飲むのはトラブルの元でもありますので、安全性について考えながら活用することが大切です。

    ゼニカルの入手先

    ゼニカルの入手方法は、肥満治療を専門としているクリニックで処方してもらうかネット通販で個人輸入するしかありません。
    病院で処方してもらうといっても、BMIが30や35を超えるような極度の肥満体の人ではないと処方してもらえません。
    肥満治療クリニックは基本的に食事療法や運動療法を勧めてくるので、すぐに薬で解決してもらえるとは思わないほうが良いでしょう。
    ちょっとぽっちゃり気味だからゼニカルを処方してほしいといっても、処方を断られてしまう可能性が高いです。
    クリニックでの処方は自由診療の値段になるので、使い続けるにはお金がかかる可能性が高いです。

    ゼニカル購入は個人輸入で行うのがオススメ

    もう1つの方法は、ネットの個人輸入代行業者を通して海外から個人輸入する方法です。
    個人で輸入するのも不可能ではありませんが、個人輸入には煩雑な手続きが必要なので個人でやるにはかなり苦労する可能性が高いです。
    下手すると、商品のお金を支払ったのに税関で回収されてしまうこともあります。
    このようなリスクを回避するには、やはり個人輸入代行業者を頼ったほうが良いでしょう。
    個人輸入というと難しそうですが、個人輸入代行業者のサイトでは、国内通販と同じような仕組みで商品が買えるようになっています。
    会員登録をするとポイントがついて、次の薬の購入時に安くなることもあります。
    最初に個人情報を入力して届け先を指定すれば、あとはゼニカルを頼むだけです。
    さらに安く済ませるにはジェネリック医薬品を購入すると良いです。
    ゼニカルと同じようにオベリットは摂取した油分を30%カットしますので、価格が安くなるオベリットもおすすめです。

    悪徳業者には気を付けよう

    ただし、業者はたくさんあり、扱っているゼニカルの価格も違います。
    また、品質が異なる可能性もあります。
    業者によっては粗悪品や偽物が多く出回っている悪徳業者もいるので、ユーザー数が多く、運営歴が5年以上はあるところを利用しましょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ